会員名鍵和田 泰
事務所名鍵和田行政書士事務所
事務所所在地〒362-0803 伊奈町大針436
電話番号048-720-4848
FAX番号048-720-4848
メール アドレスy.kagiwada3-46@hb.tpl.jp
事務所URL
登録番号11130430
登録年月日平成23年3月15日
取扱業務男女、親子、離婚、相続、遺言、成年後見、契約、内容証明、不動産、入管関係
営業時間8:00~20:00
定休日
ごあいさつ相続は一生の中で誰もが経験する出来事です。大切な御家族が亡くなられ、大変な時期に又時間もかかるものであり、お仕事等をしながらの御自分での手続となると難しいものです。相続手続には戸籍を取得する必要があり、この戸籍の取得が役所の時間や場所の関係でスムーズに取得できず、相続手続が進まないといったことがよくあります。相続の問題は、時間が経てば経つほど相続人も増え、より面倒になってきます。早めに解決しておくことが肝心です。私はこれらの面倒な手続を御依頼者の気持ちを時間をかけて確かめ御依頼者の代わりに行います。私は相続手続に必要な戸籍の取得から遺産分割に必要な遺産分割協議書の作成までサポート致します。サー思い立ったが吉で初めてみませんか!精一杯お手伝いさせて戴きます。
遺言、縁起でもない。自分には必要ないものと思っていませんか? 誰も思わぬ災難に直面したり、重大な問題に着きあたったりすることに備え、もしもの時に家族や周囲の親しい人が何も分からないために、困難な状態に陥らないようにエンデイングノートの作成をお勧めします。遺された家族たちは故人の意思を確かめることはできません。その時エンデイングノート、遺言書という形になった物が遺されていたら、無用の心配をかけることが避けられます。遺言書作成の最大の準備にもなり、又相続もスムーズに進むことでしょう。遺言は残された方への愛情です。遺言が有れば相続人どうしの無用な争いも防止することが出来ます。遺された御家族のために心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことが大切です。するべきことをされたら、後は限られた人生を何の気兼ねもなく、備えあれば憂いなしで楽しむことが出来ます。なにも心配のない今こそ、遺言書作成に取り掛かりませんか?
成年後見
高齢者の増加とともに、一人暮らしの高齢者も年々増加しております。このような方は虐待や消費者被害にあう事例が少なくありません。 高齢者、障害者等が自らの意思に基ずき安心して、その人らしい自立した生活が送れるよう財産管理及び身上監護を通じて支援し、もって権利の擁護及び福祉の増進に寄与し個人の尊厳を保持することを目的に、当事務所では十分な判断能力が有る間に、将来判断能力が不十分になる場合に備えて、予め自らが選んだ信頼することが出来る代理人(任意後見人)と公証人が公正証書で御自身の生活・療養看護や財産管理に関する事務について、予め予約しておく任意後見制度をお勧めします。 認知症、知的障害のある方等判断能力が十分でない方の日常生活を、御本人の意思を最大限尊重しながら支援していく法定後見制度には、後見・保佐・補助の3類型が有り、介護施設を利用するための契約、医療、入院契約等の法律行為、持家アパートなど不動産の管理・処分、現金、預貯金通帳の財産管理をすることによって日々の安心のお手伝いをさせていただきます。